土用とは、立春・立夏・立秋・立冬の前の各18日間のことです。

立秋前の18日間を「夏の土用」といい、今では通常、土用と言えば夏の土用を指します。
土用丑の日が今年は7月23日と8月4日の二回ありました。
梅雨が明けた夏の土用に三日間、梅を天日干しする事を土用干しと言います

少々時期がずれましたが、大分、大山町産の完熟南高梅を5kgを干しました。

土用干し

梅干しについて

カルシウム・鉄・マグネシウム等のミネラルとクエン酸を含む梅干しは「疲労回復」「抗酸化作用」「整腸作用」「アンチエイジング」「貧血防止」「冷え症」「動脈硬化の予防」「頭痛や歯痛を抑える」「肩こり対策」「虫歯予防」「二日酔いの解消」「食中毒の予防」などに良いとされてます。