東洋医学の考え方の中には、「子午流注(しごるちゅう)」という、時間医学的な体の働きと時刻の関係をあらわしたものがあります。

体の中の各臓器には、1日の内で一番活発に働く時間があるといわれています。それを理解することで、日々の行動や養生に生かすことができます。

子午流注(しごるちゅう)は中国最古の医学書《黄帝内経》に記載されています。

「子午」は時刻のことで、1日24時間を12等分(2時間区切り)し、十二の干支を割り振ったもので、「流注」とは人体の十二臓腑の気血運行を示し、子午流注は1日24時間の各臓器が活発になるために順番に廻ってくる臓腑気血の運行リズムを現わしたものです。

子午流注
子午流注

健康に関する相談は龍生堂まで

当漢方薬局は、気軽に相談できるサロンのような漢方薬局。
お身体の不調が見られる方はもちろん、健康について不安がある方などお気軽にご相談ください。
お話をお聞きし、お一人おひとりに合わせたアドバイスを致します。